印鑑を使っていて困った時

印鑑のキャップが抜けなくなった時の応急処置

今もしかして、ハンコの鞘(さや)と呼ばれる蓋が抜けなくなっていますか?
会社の印は、印面を保護するキャップ(蓋)が付いてる場合が多いですが、これが抜けなくなってしまう場合があるんです。
以下、「鞘」で統一します。

原因の1つは湿度です。
冬場は特に多いんですが、朝寒く、暖房をつけて一気に部屋を暖める際の急激な温度変化で、鞘が膨張するからなんです。
膨張、つまり全体的に膨らんで、キツくて抜けなくなる。

今回のブログでは、抜けなくなった時の応急処置をご紹介します。
応急処置としているのは、リスクも伴うため、できれば購入されたお店にご相談された方がいいからです。
でも実際には「そんな悠長なコト言ってられない」と思います。
今から捺すのに抜けない。
そんな時の参考にしてください。

 

鞘が抜けなくなった時の応急処置

鞘が抜けなくなる一番の原因は先ほども書いたとおり、温度です。
温まって膨張してきつくなっているから、冷やして元に戻します。

それと同時に気をつけていただきたいのは、湿度です。
急激な温度と湿度の変化は、鞘のヒビ割れに繋がります。
先に流れを申し上げますと、濡らして、冷やして緩めるんですが、以下の順番は必ず守ってください。

 

1.綺麗なタオルを水で濡らす

急激な乾燥を防ぐために、濡れタオルを使います。
タオルの汚れが印材に写る恐れがあるので、できるだけ綺麗なモノが良いです。
もしくはキッチンペーパーなどでも代用可能です。

水が垂れない程度の濡れ具合で大丈夫です。

 

2.印章をタオルで包む

柘植などの木材は、印章や鞘の外側はコーティングされてますが、印面部分や鞘の内側はは木材がむき出しなので、水気に弱いです。
そのため特に柘植は、必要以上にタオルに水分を含ませるのではなく、しっとりする程度で。

 

3.冷蔵庫に保管する

冷凍庫ではなく、冷蔵庫に入れてください。
急激すぎる温度変化は印章を痛めます。
なので冷蔵庫に5分〜30分ほど保管してください。

そして慎重にゆっくり引っ張ってみてください。

これで大概は、すっと抜けます。
それでもダメな場合はもう1回冷蔵庫に5分ほど入れて、また試してください。
私の場合は、5分おきに出して抜けるか?を繰り返しています。

以上の方法で、ほとんどの鞘が抜けると思います。
ただ気になるのは、その後だと思います。
せっかく抜けたのに、元に戻したら同じように抜けなくなる可能性がありますからね。

なので、次にその後どうしたらいいのか?
私たちはどうしているのか?
をご紹介します。

 

抜けた後は内側を削って調整します

一度キツくなった鞘は、サイズが合わなくなっています。
これは天然材の宿命なんですけど、温度や朱肉の油また水分などで膨張し、サイズが変わってしまっているんですね。
そのため削って調整する必要があります。

ここから私たちが行う調整法をご紹介しますが、もし自信があればトライしてみてください。

私たちがお預かりした場合、鞘を外した状態で一晩寝かせます。
翌日鞘の状態を見て、きつくなっている程度に応じて削ります。
使う道具は、印章を彫るための印刀。
自分の慣れた道具ですから、細かくハンドリングしやすいからです。

ただ一方で、印刀がない場合もありますから、道具で補います。

印章の鞘削り専用ヘリカルカッター。

鞘の内側に入れてグリグリ回すだけで、面白いように削れます。
鉛筆削りを応用しているんですかね?
よくてきています。

一気に削ると逆にゆるゆるになってしまうので、少しづつ削っては様子を見て、また少し削っては・・・を繰り返します。

 

印刀を使ったバージョンとヘリカルカッターを使ったバージョンの動画を撮りましたので、リンク貼っておきますね。

簡単そうにやってますけど、どちらも結構難しいです。
印刀バージョンは、私も練習用の鞘が薄くなるなるほど練習しました。

ヘリカルカッターは、角度が上手く合わないと全く引っ掛からず、全く削れません。
まあ器用な方なら簡単かもしれませんが。

ちなみにこのヘリカルカッター、現在ほぼ入手不可能。
需要がなくて生産中止。
ネットをいくら探しても出てきません。
でもご安心ください。

価格は(税別)9000円

 

 

最後に

以上が、鞘が抜けなくなった場合の対処法を、その後の処置になります。

多分緊急事態の場合が多いと思いますので、まずは冷やして抜いてください。
その後は購入されたお店、もしくは近くの印章専門店にお持ちいただき、ご相談された方がいいですね。
手彫りのお店なら、多分対応していただけると思います。

またそれも面倒であれば、鞘のみ購入することも可能です。
併せて参考にしてください。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP