印鑑を使っていて困った時

印鑑の彫り直し(改刻)は、材料にひびが入る可能性がありますのでご注意下さい。

ここではお問い合わせの多い、印鑑の彫り直しに際しての注意点を解説します。

象牙や水牛や石、そして意外に思われる人も多いチタンなどの印材は、彫り直すことができます。
ただ事前に知っていただいたいのは、新規のご注文と違ってリスクを伴うことです。
色々聞く範囲では、彫り直しを断られる場合が多いそうですが、理由はそのリスクです。
彫り直すためには材料がそれに耐え得る必要がありますが、経験値がないと判断が難しいのです。

大前提として私たちの考えは、ご家族が使われていた彫り直しても使え得る印材は思いが詰まっていますから、ぜひ継承していただきたいと考えています。
一方で彫り直しのリスクもご理解いただいた上で、ご決断していただきたいと思います。

 

彫り直しの際に熱が加わって、ヒビが入る可能性があります

彫り直しの際に、極端な例ではありますが、写真のようにヒビが入ってしまう恐れがあります。

結論から申し上げますと、原因は加工の際に印材に常に与えられる熱の影響です。
印材に限らずですが、全ての素材は熱で膨張します。
例えばガラスのコップに熱湯を入れると割れてしまいますが、これも熱膨張が原因です。
昔、真夏に線路が曲がったような現象も同様ですね。

彫り直しの際には、思っている以上に印材に熱が加わります。
骨で考えると想像しやすいかもしれませんが、若いうちはそれに耐えうる弾力性がありますが、長く使われていた印材の場合、経年と共に脆くなっていきます。
では次に彫り直しの全工程をご紹介しますので、どの程度の熱が加わるかをご理解ください。

 

彫り直しの全工程

お客様からお預かりした印材は、少しでも無駄にならないよう、できる限り小さな力で丁寧に加工していきます。
ただ一番最初の印面を削る加工は、どうしても大きな熱が加わってしまいます。

 

1.彫刻面は、切り落とすのでなく、削り落とします

彫り直しって、すでに彫刻されている部分を、そっくり切り落とすと考えられる方が多いようです。
多分イメージは上記画像のように、電動ノコギリなどで彫刻面を切断し、平らになった部分に新たに彫り直す。

実際には削り落とします。

一気に強い熱が加わらないよう、数ミリ単位の深さで段階を経て少しづつ。
回数が多いとその分熱が加わりますので、時間を置いて再度削ったりしてできる限り熱を持たないように気をつけます。

かなり硬い素材を削るため、それだけ負荷もかかり、かなり高温になります。
終わって取り出すときに触ると、軽く熱くなっているのがわかる程度です。

 

2.削った印面を平らに整える

ザラザラの削り面を平らにするために、木賊(とくさ)と呼ばれるサンドペーパーで、徐々に番手を細かくしながら何度も削ります。
そして平らになった後、彫っていきます。

 

3.彫る

ガリガリと力を入れて彫っていきますから、わずかですが一刀一刀熱が加わっていきます。

 

4.さらに平らに整える

2と同じく、擦り付け回して削るため、熱が加わり続けます。

 

5.仕上げる

削って整え仕上げる工程なので、比較的軽度ではありますが、熱は加わります。

 

6.バフで磨く

最後の仕上げですが、ここが大きく熱が加わるポイント。
磨くため、かなり熱くなります。

磨きの工程で考えることはいつも同じです。

  • できれば最高に綺麗な状態でお渡ししたい
  • 汚れには多少は目をつぶってでもヒビが入らない方を優先する

のギリギリを感じ取っています。

以上が彫り直しの全工程になります。
それぞれの熱量は僅かではありますが、積み重なっていくとそれだけ印材にダメージを与えます。
途中強制的に冷やしてしまうのは更なるダメージにもなってしまうので、様子を見ながら少しづつ作業していきます。

つまり印材に熱が加わって膨張、冷める際に収縮を繰り返し、ヒビのリスクが連続するのが、彫り直しという作業です。

 

彫り直せるかご自身での判断

最後に私たちがお預かりして彫り直せるかどうかの目安にしている点をご紹介しておきます。

彫り直しが可能:鈴印でお買い求めいただいた印
最高品質=長期運用に耐え得るものしか扱ってないため
見せていただいてから判断:先代などが使われていた印
印章を大切にされる親御様などは良い印材を持っている場合が多く、使用できる場合が多いため
お断りする場合が多い:中国などのお土産で安く購入したキメが荒いもの
中国でもお土産品などは価格もお手頃だと思いますが、ほとんどが彫り直しには耐えられません

 

最後に

以上が彫り直しの際にヒビが入ってしまう原因です。

冒頭でも申し上げました通り、私たちは可能な範囲で彫り直して継承されることをお勧めしています。
ただ万が一の形見にヒビが入ってしまった場合でも、元の状態に戻すことはできません。
そのため彫り直しをご検討の際は、今回の内容をじっくりご覧いただきご決断ください。

もちろん彫り直せるかどうかは、ご相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

また彫り直しは、印材によって、できるできないもあります。
併せて彫り直しの場合のお値段の詳細は、以下をご覧ください。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP